FC2ブログ

ふわりひとふり

Welcome to my blog

薄桜鬼真改 風の章&華の章 感想 (風間・土方・伊庭・相馬)

風間
婚活鬼とネタにされている風間ですが、仲間を失っていく千鶴ちゃんの悲しみにそっと寄り添う風間は良いと思います。
既存メンバーの中では鬼という共通点があったので一番千鶴ちゃんと運命だな~~って当時は思っていた。
伊庭が出てきた今となってはあれですね。
うん"(-""-)"
十鬼の絆やった方が楽しめるなって思いました。
いつかやろうと思う。もうPSPでやるのキツイから移植してくれないかな~~~!?
正直猛獣使い移植されてるんならいける気がするんですよね(大変失礼)



土方
やっぱり土方さんはメインヒーローとしての魅力がありすぎる。
使命のためにすべてを擲つ姿がカッコイイし、
自分が大切にしてきたものを失っても背負ってるものがあるから走るしかなくて、
(ここが本当に心からすごいと思う)
戦い抜いた先で静かに眠るっていう儚さがすごい。
これは、支えたくなる。
千鶴ちゃんが「お傍にいたいです」って着いていくのもわかる。
自分を大切にしない人だから、支えてあげたいって思っちゃうよね。
あんなに鬼だった土方さんが、最後の方は憑き物が落ちたように優しくなって、千鶴ちゃんに優しく微笑むのずるいと思う。


伊庭
一言でいうと設定がずるい。
え!?幼馴染で、ずっとヒロインが好きだった!?で、お家柄も良いと。
こ、これは……!全乙女ゲーマーが好きな設定でしょう!!
(すみません私が大好きなだけです)
人気キャラになるために作られたキャラクターでしょっていうのが目に見えちゃうんですけど、それでも私も伊庭が好きです。
あんまりガッついてないところも良いというか、でもピュアピュアすぎないというか、
良いバランス。
伊庭は相馬ルートだったか土方さんルートだったかで当て馬になってて好きでしたね。




相馬
これもまた設定がずるい。
後輩設定はアカン~~~~~好き。
土方さんの後を継いで新撰組局長として最後まで新撰組を守った人でした。
生きて帰れる保証もない中で、最後の夜に、相馬が主人公と結ばれるシーンが好きでした。
そうだよなあ、もう一生に最後かもしれないってなったら、本当の意味で結ばれたいと願うのは、当然のような気がします。
本当だったらこういうネタが苦手なのですが、死ぬかもしれないってときだからこそ、自分のすべてを捧げたい一緒になりたいっていうのは、すごく理解できてしまって受け入れられました。
甘いシーンのはずなのにすごく切ないシーンでしたね。




スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply

About this site
主に乙女ゲープレイ感想ブログ。おもったことをつぶやいています。 メモが残っていれば攻略も載せます。 商業も同人も問わずレビュー載せます。
About me
のんびり乙女ゲームやってます!
カウンセリングゲーが大好き!
ヤンデレな年下がもっと増えればいいのに。
ブログは気まぐれ更新です。
twitterもやってます(というかほぼtwitterにいます)
@ichihuyu


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

リンクはフリーです。





プレイ中***